※本ページはプロモーションが含まれています

オカルトな世界

「白き月と黒き月」エヴァの話は本当だった? 古代の惑星衝突で巨大な残骸が2つあることが証明

ヤバいっす 庵野さん あんたの話 事実だってよ?

エヴァンゲリオン 「白き月と黒き月」は、事実だったということになりそう?

地球の深部には月の2倍のサイズの巨大な物質の塊が存在します。この巨大な物質の塊について調査したアリゾナ州立大学の研究者が、これは太古の地球に衝突した惑星の残骸であることを発見しました。

Moon-forming impactor as a source of Earth’s basal mantle anomalies | Nature
https://www.nature.com/articles/s41586-023-06589-1

ASU researchers discover Earth's blobs are remnants of an ancient planetary collision | ASU News
https://news.asu.edu/20231101-asu-researchers-discover-earths-blobs-are-remnants-ancient-planetary-collision

1980年代、地球物理学者は驚くべき発見をしました。その発見は「地球の中心近くの深部に大陸ほどの大きさの珍しい物質の塊が2つ存在する」というものです。この物質の塊の1つはアフリカ大陸の地下に存在しており、もうひとつは太平洋の地下にあります。

去10年間の研究で、それぞれの塊は月の2倍ほどのサイズがあり、周囲にあるマントルとは異なる割合の元素で構成されている可能性が高いことも判明しました。なお、この月の2倍もある物質の塊は「LLSVP」と呼ばれています。

このLLSVPがどこから来たのかを調査する最新の研究において、LLSVPは数十億年前に起きた惑星の衝突で発生した残骸である可能性が指摘されています。LLSVP形成の謎について調査したのはアリゾナ州立大学地球宇宙探索学部の研究チームで、チームを率いたのはアリゾナ州立大学の卒業生でありカリフォルニア工科大学の博士研究員でもあるQian Yuan氏。論文は2023年11月1日に学術誌のNatureに掲載されています。

科学者は1980年代から地球の深部に異常な組成で起源不明の巨大な塊であるLLSVPの存在を認識していました。LLSVPは非常に巨大であり、これを地球の表面に配置すると約60マイル(約100km)もの厚さの層ができてしまうそうです。

続きはこちらから👇

地球の内部に古代の惑星衝突の巨大な残骸が2つもあることが判明、「月」の形成にも関係か - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20231102-earth-blobs-ancient-planetary-collision/
2023年11月02日 14時00分

スポンサーリンク

これは、エヴァンゲリオン ファンからすると 重大な事件です。

「白き月と黒き月」が事実だとすると

このあとにセカンドインパクトで人類の多くが滅亡
箱根に黒き月が発見され 使徒が襲ってくるとな・・・

なんて 同じようなことを書いている人が世界中にたくさんいそうだな・・・

この研究が進めば 月に関しての研究も進むかも知れません。

欧米では、ノアの箱舟説とか とは言っても あまりにも古すぎる話なのでそれはないな・・・

created by Rinker
海洋堂(KAIYODO)
¥2,727 (2024/07/17 15:53:03時点 Amazon調べ-詳細)

常時約60万点以上を展開、毎日6000点以上の新商品

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠と写真と女性を愛する60歳ちょっと前の現役ITエンジニア シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きです。

-オカルトな世界
-, , ,

Copyright© インドからミルクティー , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.