※本ページはプロモーションが含まれています

インドからミルクティ

【インドからミルクティ】 22杯目 熊つかいと電気自動車 タージ・マハールに向かう

翌朝もいい天気であった。
今日は1996年12月29日

スポンサーリンク

まだ3日目

インドに来てからまだ3日目

「おいおい まだ3日目かぁ」

昨日の移動ですっかり疲れ果てています。

熊使い

朝食をホテルで済まし、タージ・マハールに向かいます。
夜遅くたどり着いたので、アグラの街を見るのは初めてです。デリーやベナレスと
違って畑が広がっているようです。

「おい あれ 熊じゃねぇのか?」
「あれは 熊使いです」

とラジャーン氏。

タージ・マハールに向かう途中、熊を連れている人がいました。
熊を鎖で繋いで見世物にしている。

熊使いは、我々のバスに向かって「ほれほれ」と熊と同じような手招きをしていました。

タージ・マハールがみえない

バスが停車したところは、農道と思われるような場所でした。

「ここから電気自動車でタージ・マハールに向かいます。建物を守るため、これ以上バスでは近づけません」

ラジャーン氏の説明によると、近年タージ・マハール付近が環境汚染のため、だんだん黒ずんできているとのことです。

「電気自動車って、エジプトもそうだった」

3年ほど前、エジプトに言ったときも、遺跡保護のため「王家の谷」で電気自動車に乗ったことを思い出しました。
もっともその時は、電気自動車というより電気トロッコでしたが......

バスから降りると「物売り」がやってきます。

まだタージ・マハールは見えません。

電気自動車は、普通のマイクロバスでした。

「本当に電気?」と思っていましたが「スルスル」と滑るように動いて行きます。
「なるほど。これなら排気ガスもないね」と言っている私たちの横を「バイク」が何台も走って行きました。
バイクは禁止されていないのか?

やがて城壁が見えてきます。
電気自動車から降りると「物売り」ならぬ「牛の糞」が我々を待ち受けています。
まだタージ・マハールは見えません。

いったい、どこにあるんだろう!!!
大きな門をくぐりました。すると・・・

【インドからミルクティ】 23杯目 タージ・マハール

入り口から約50mほど歩くと、右手に真っ白な門が見えてくる。 スポンサーリンク タージマハール ものすごく巨大な門の向こうに、何度も写真で見た「タージ・マハール」があった。 真っ白な大理石、真っ青な空 ...

続きを見る

スポンサーリンク

花粉症対策はお早めに

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠と写真と女性を愛する60歳ちょっと前の現役ITエンジニア シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きです。

-インドからミルクティ
-,

Copyright© インドからミルクティー 大人の娯楽ブログ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.