※本ページはプロモーションが含まれています

はぼぞうの言いたい放題

ガチな爆弾でなかったので岸田首相は、助かりましたが、民間人を避難させなかった危機意識の欠落について

パリ同時テロ事件を考える

1年以内に元首相の暗殺 そして現首相への爆弾テロ事件が発生した。

今回はこの事件に関して個人的に感じたことを記事にしました。

最後まで読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

事件経過

15日午前、岸田総理大臣が和歌山市の漁港を選挙の応援で訪れていたところ、演説の直前に爆発物が投げ込まれました。

岸田総理大臣は現場から避難してけがはなく、警察官1人が軽いけがをしました。

警察は、兵庫県に住む24歳の容疑者を威力業務妨害の疑いでその場で逮捕しました。

 

海外の報道

海外では、日本の連続要人テロに対して報道されている

アルジェジーラ

中東のニュースサービスのアルジャジーラ(Aljazeera)

Japan PM unharmed after ‘smoke bomb’ at campaign event
"
Japanese Prime Minister Fumio Kishida was evacuated unharmed after what appeared to be a smoke bomb was thrown at him while he was on the campaign trail in Wakayama prefecture in western Japan.

Footage on Japanese television showed a disturbance in a crowd gathered at the Saikazaki fishing harbour where Kishida was out in support of a ruling party candidate. The video showed a a blast and white smoke, just as he was about to speak.

A man dressed in black and with a face mask lying face down on the ground. He is being held down by police officers but is looking up

aljazeera
https://www.aljazeera.com/news/2023/4/15/japan-pm-unharmed-after-smoke-bomb-at-campaign-event

BBC

BBC では、爆弾(発煙筒だった?)が投げ込まれている瞬間の写真が掲載されていた。

Fumio Kishida vows G7 security boost after smoke bomb


By Mattea Bubalo
BBC News
Japan's Prime Minister Fumio Kishida has vowed to boost security as ministers from overseas visit the country, after an apparent smoke bomb was thrown at him.

He was evacuated unharmed on Saturday from a public event, with witnesses describing a person throwing an object, followed by smoke and a loud bang.

Japan hosts ministers from the world's seven richest nations on Sunday.

Mr Kishida said the country must "maximise its efforts" on security.

"At a time when high-ranking officials from all over the world are visiting... Japan as a whole needs to maximise its efforts to ensure security and safety," Mr Kishida told reporters on Sunday.

"It's unforgivable such a violent act was committed during an election campaign," he added.

Also on Sunday, police said a 24-year-old suspect detained at the scene had been carrying a knife and a possible second explosive device.

Japan PM evacuated after apparent smoke bomb blast
Japan smoke bomb sparks memories of slain PM
After the incident, which happened during a campaign event in Wakayama, Mr Kishida addressed a crowd in another location, saying: "I'd like to apologise for worrying many people and causing them trouble."

Video from Japan's public broadcaster NHK showed officers piling on top of a person, believed to be the suspect, as people ran away from the scene.

A dramatic photo showed the moment the device flew through the air.

smoke bomb
IMAGE SOURCE,EPA
Image caption,
The moment the smoke bomb flew towards PM Kishida, who has his back turned
The person was arrested on suspicion of obstruction of business and later identified by authorities as 24-year-old Ryuji Kimura. The motivation for the apparent attack is still unclear.

He was carrying a knife when he was arrested and a possible second explosive device that he dropped after bystanders and police tackled him, Kyodo news agency reported.

Violent attacks are extremely rare in Japan. But there is nervousness about security around politicians after former Prime Minister Shinzo Abe was shot dead while on the campaign trail last year.

BBC
https://www.bbc.com/news/world-asia-65290047

犯人が投げ込んだ爆発物が映り込んでいる。

訳してみると

ざっくり訳してみると

「岸田首相は、無事で犯人逮捕」「犯人がトリオ触られた」「昨年 安倍元首相が暗殺された」
とニュース経緯が記事になっています。
また「G7が近い」ことにも言及されていて ロシアのウクライナ侵略のさなか警備が厳しくなる
といった記事が書かれてある。

欧米のニュース記事は、ニュースは、ニュース ニュースに対しての論評は後日掲載ということが多いので貴社の切り口をまって追って記事を掲載する予定です。

ガチな爆弾だったら

日本のマスコミは、脳天気なことが報道左列透けている
犯人の少年時代とか生い立ちとかどうでもよく

「犯人逮捕時に集まっていた人をなぜ避難させなかったのか?」

警備に対して厳しく報じるべきである。

なのに「最初にとびかかった 漁師さんの話ばかり」

もう あほかと

一年間の間に1人の元首相、そして現首相が暗殺される(未遂)というのに脳天気な報道中利している。

あの爆弾が、ガチな本物だったら
そして 2発目の爆弾があったら

爆弾テロでは、1発目に小規模な爆発をさせ 人が集まったタイミングで大規模な爆弾を爆発させるという手口が多くなってきています。
※要人狙いの場合は、1発目から狙いますが。。。

もし犯人が、ガチなテロリストで爆弾が本物で、2発目の爆弾が仕掛けられていたら

首相は無事だったかも知れませんが、そこにいた多くの民間人は犠牲になったことだろう

多くの一般民間人が犠牲になっていたであることは間違いない。

犯人逮捕も重要ですが、その前に一般民衆の避難をさせるべきではなかったのか?

この話は、オーバーだと思われると思いますが、前首相がピストルで射殺されたというのに まんまと爆弾を投げ込まれてしまった。

田舎だからとか、日本だからとか、言っている場合じゃないだろう。

平和ボケと言えば それはそれで 日本の安全という売り文句であるけれど、隣の国は、ミサイルを撃っているし、他国に軍事侵略をしている国が隣にある。
そして 日本にミサイルを向けているというのに未だに媚び中しているマスコミや経済界と政治家が多く見受けられるという状況で

いつ ガチなテロリストが狙ってくる可能性は否定できないだろう

サミット

今の日本の首相を暗殺しても世界情勢には影響がないという意見もないではない
と思ったのですが

サミット中止という狙いで首相を狙うということは十分あるだろう

西側諸国の要人が集まるタイミングで「西側諸国が集まってほしくない国」によるテロ攻撃は十分ありえるだろう。

これは、映画の話ではない 今の世界情勢ならば十分あり得る話である。

もし、今回、ガチな組織により 爆弾テロが起きた場合、サミットの中止はあったと思われます。

見逃し三振より 空振り三振の方がよい

先週、Jアラートの警報が発せられました。

その発生に対して 空振りだったことに対して バカな特に野党はあ、大騒ぎをしている。

被害がないのになぜ警報が出た。

もうアホかと 被害が出てからでは遅いということを あの震災で学ばなかったのか?
やたら怒鳴るばかりの首相と隠蔽大好きなあのときの政権与党によって 被害が拡大していなかったのだろうか?

見逃して 実際に被害が出るより 空振りでも用心するに超したことはないはずなのである。

見逃し三振をして国民に被害が出てからでは遅いのです。
空振り三振でもかまわないので行動に移すべきと思います。

まとめます

サミットが、5月10日から 広島で開催予定です。
岸田首相のお膝元で行うサミットは、首相念願のイベントのはずである。
首相にとって歴史に名前を残すイベントなのですが、今回は、世界情勢がかなりヤバい状態で開催されるわけで 危険要素が多い

今回の警備をみていても本当に大丈夫なのか?

まだまだ緊張が続く日本である。

おまけの体験

30年前のインド旅行のとき ムンバイでホテルを出るときに、イスラエルの大統領がホテルに入る状況に出くわした。

どう考えても 銃を持参している(と思われる)屈強な背広姿の男達が何十人も人々を押しのけ空間を維持していた。
あの緊迫した空気 かなりヤバい状況でした。

当時の日記はこちら

何もなければそれでよし、空振りだったら それでよし という考えでなければ 安全は守れない

動画を撮る前に逃げろ

とニュース映像を見ながら感じる今日この頃である。

 

登録料は無料で 500円~で お願いできる

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠と写真と女性を愛する60歳ちょっと前の現役ITエンジニア シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きです。

-はぼぞうの言いたい放題
-

Copyright© インドからミルクティー 大人の娯楽ブログ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.