※本ページはプロモーションが含まれています

ショートニュース

北朝鮮ミサイル問題 9月末から数えて、短期間で6回目 アルジャジーラの記事より

北朝鮮外交回顧録 (ちくま新書)

North Korea fires more missiles; second launch in three days

北朝鮮はより多くのミサイルを発射します。 3日間で2回目の打ち上げ

北朝鮮が、今週になってミサイルを立て続けに発射している。

日本のニュースでは、なかなかでてこないニュースをアルジャジーラ(Aljazeera)からみてみよう
文書は、Googleで翻訳したものです。

 

2022 年 10 月 6 日

北朝鮮は、米国がこの地域に空母を再配備し、韓国との合同軍事演習を実施した後、2 発の短距離弾道ミサイルを東に向けて発射しました。

木曜日の発射は、韓国の統合参謀本部(JCS)と日本政府によって報告されました。彼らは、2017年以来初めて、日本上空で中距離弾道ミサイル(IRBM)と疑われる火曜のテストに続いた.

日本の岸田文夫首相は記者団に対し、「9月末から数えて、短期間で6回目だ」と語った。「これは絶対に許せない」

JCS は、最初のミサイルが午前 6 時 1 分 (21:01 GMT) に北朝鮮の首都平壌近くのサイトから発射され、2 番目のミサイルがその 22 分後に発射されたと述べた。

声明の中で、韓国軍は発射を強く非難し、国連安保理決議の「明らかな違反」であると述べた。国の国家安全保障会議はまた、打ち上げを国際社会に対する「容認できない挑戦」として非難し、「より強力な対応」を警告した.

木曜日の発射は、米国が韓国とのまれな共同ミサイル訓練の後、朝鮮半​​島沖で空母USSロナルド・レーガンを突然再配置した数時間後に行われました。 IRBM発射後の北朝鮮の継続的な挑発に対抗する。

日本海で米韓合同軍事演習に対しての牽制、共同ミサイル訓練を北朝鮮を刺激していることになる。

専門家は、武器はおそらく火星-12ミサイルであり、太平洋のグアムの米国領土に到達することができ、核弾頭を運ぶことができると述べ

USSロナルド・レーガン空母は、韓国との共同訓練の後、韓国の東の海域に突然再配備された[AP写真による韓国国防省]

国連安全保障理事会は、最新の発射の数時間前の水曜日に IRBM 発射について話し合うための会議を開始し、米国は、中国とロシアが、北朝鮮の指導者である金正恩委員長を、核兵器と弾道に関する北朝鮮に対する制裁を強化する試みを阻止したとして非難した。ミサイルプログラム。

北朝鮮は通常、協議会に代表を派遣しないが、北朝鮮外務省は声明で、その発射は「韓米合同演習に対する朝鮮人民軍の正当な対抗措置」であると述べた。

ワシントンが空母を再配置したことを非難し、米国と韓国が最近の訓練で「朝鮮半島の軍事的緊張を高めた」と非難した。

こう言っては何ですが、北朝鮮のミサイルコントロールはかなんり正確である。

なぜなら、万が一 日本領海に着弾したら それこそ バッシングがかなり強憂くなるはず。

刺激しすぎないようにミサイルを発射しているのがわかる

海外ニュースもみてみよう

 

Aljazeeraのの北朝鮮関連動画も公開されている。

しかし、

通常、このような注目度の高いテストは、国営メディアで報道され、金委員長が議事を監督している写真が掲載されます。

ソウルにいるアルジャジーラのロブ・マクブライド氏は、「北朝鮮のメディアでは一切言及されておらず、金正恩氏は1か月間公の場に姿を見せていない」と述べた。

ちょっと不気味である。

 

ニュース元:Aljazeera(アルジャジーラ)

 

一方韓国軍のミサイルは自分の基地を攻撃?

https://youtu.be/D8KnbuaCufc

これを見れば北朝鮮のミサイル技術が優れていることがわかる。

しかも隠していたらしい

 

 

登録料は無料で 500円~で お願いできる

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠と写真と女性を愛する60歳ちょっと前の現役ITエンジニア シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きです。

-ショートニュース
-, ,

Copyright© インドからミルクティー 大人の娯楽ブログ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.