※本ページはプロモーションが含まれています

日本のニュースに出てこないニュース

「エッチな画像」を見ただけで処罰対象になるポルノ規制法案が提出 米国 オクラホマ州の共和党議員

米国の2大政党制って 民主党と共和党って極端すぎる政策をしている。

まじか? と思うような法案が提出された。

アメリカの共和党は近年、反LGBT法案強硬なポルノ規制などを掲げてさまざまな法案を提出しています。新たにオクラホマ州の共和党議員が、「あらゆる種類の性的な画像や動画、パフォーマンスなど」を違法とする法案を提出し、海外メディアのReasonがその問題点を指摘しています。

Oklahoma Bill Would Ban Sending Sexy Selfies Unless You're Married
https://reason.com/2024/01/22/oklahoma-bill-would-ban-sending-sexy-selfies-unless-youre-married/

An Oklahoma Anti-Porn Bill Could Ban Any Sort of Sexualized Photograph | PetaPixel
https://petapixel.com/2024/01/23/an-oklahoma-anti-porn-bill-could-ban-any-sort-of-sexualized-photograph/

共和党のオクラホマ州上院議員であるダスティ・ディーバース氏は2024年2月5日付で、「Oklahoma Senate Bill 1976(オクラホマ州上院法案1976)」という新たな法案を提出する予定です。すでに公開されているオクラホマ州上院法案1976の条文について、Reasonは「これは『ハードコアなポルノ』だけでなく非常に広範な『ポルノ』の定義をターゲットにして、あらゆる種類の性的な表現を脅かす保守派の計画の一部です」と指摘しています。

アメリカでは憲法修正第1条において、政治的発言やポルノグラフィを含む「表現の自由」が認められています。もちろんここで保護されているポルノグラフィには例外もありますが、同意を持って作られた合法的なポルノのほとんどは保護されています。

しかし、ディーバース氏の法案では違法なポルノの定義をかなり広げており、性行為だけでなく部分的なヌード、性的フェチを描写したあらゆる動画や画像、パフォーマンスなどが含まれます。違法な描写にはオーラルセックスやアナルセックス、マスターベーション、正常または変態チックなセックスが含まれるほか、性的に興奮させることを目的とした性器や臀部(でんぶ)、女性の乳房、性行為の文脈における拘束や足かせ、未定義の「サド・マゾヒスティックな虐待」なども違法だとのこと。

Reasonは、「人々が『ハードコアなポルノ』と呼ぶものが禁止されるだけでも悪いことですが、法案の対象は『ハードコアなポルノ』に限りません。違法なポルノの定義は、パートナーや自分のポルノ写真や動画、場合によってはエロティックなイラスト、あるいはストリップクラブ、演劇、ドラッグ、支配的な描写を含むほど広いものです」と指摘。これらすべての違法なポルノは、「深遠な文学的・芸術的・教育的・政治的・科学的な目的あるいは価値」がない限り制作や配布が禁止され、違反した場合は損害賠償を命じられる可能性があります。

また、違法なポルノコンテンツを購入・調達・所持・閲覧するだけでも刑事罰の対象になり、20年以下の懲役または2万5000ドル(約370万円)以下の罰金が科されるとのことです。

続きはこちらから👇

あらゆる性的画像やパフォーマンスを禁止して「エッチな画像」を見ただけで処罰対象になるポルノ規制法案が提出される - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20240124-oklahoma-anti-porn-bill/
2024年01月24日

「あらゆる種類の性的な画像や動画、パフォーマンスなど」を違法

「エッチな画像」を見ただけで処罰対象

ううん この法案が通ったら オクラホマ州から脱出する人が増えるかも。
映画の多くもテレビもNGになりそうです。

もし、自分が、オクラホマ州で投票権を持っていたら、反対票を投じることだろう

どうしてこれほど極端なことになるのだろうか?

共和党によるポルノ規制は州のレベルを超え、今やアメリカ合衆国議会に議席を持つ共和党議員らもポルノを非難するようになっています。

やり過ぎです。

過去にもこんな法律や規制が出ています。

ポルノ閲覧時に「身分証の提示」を義務づける法律がアメリカで制定される - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20230204-louisiana-law-requires-id-watching-porn/

「アンチポルノ法」の制定でAppleやSamsungがデフォルトでアダルトコンテンツの検閲を行うようになる可能性 - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20230324-anti-porn-bills-content-filters/

米国と言う国は、極端で興味深いなぁ

登録料は無料で 500円~で お願いできる

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠と写真と女性を愛する60歳ちょっと前の現役ITエンジニア シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きです。

-日本のニュースに出てこないニュース
-,

Copyright© インドからミルクティー 大人の娯楽ブログ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.