※本ページはプロモーションが含まれています

日本のニュースに出てこないニュース

交通当局 完全自動運転 ロボタクシーの運行台数を半分に削減するように要求 その理由とは?

完全自動運転
テック業界の仕事をしてきた自分にとって
米国人は、そこまで自動運転を信用しているのか?
と思ってしまうわけですが、いろいろと問題が出ているようです。

ゼネラルモーターズ(GM)の子会社で自動運転企業であるCruiseが、カリフォルニア州サンフランシスコで運行している自動運転車によるロボタクシーの台数を50%削減するよう、カリフォルニア州陸運局から要請を受けたことが報じられています。陸運局は台数削減を要請した理由として、ロボタクシーによる交通事故が頻発していることをあげています。

Cruise told by regulators to ‘immediately’ reduce robotaxi fleet 50% following crash | TechCrunch
https://techcrunch.com/2023/08/18/cruise-told-by-regulators-to-immediately-reduce-robotaxi-fleet-50-following-crash/


An update on recent collision | Cruise
https://getcruise.com/news/blog/2023/further-update-on-emergency-vehicle-collision/


Cruiseは起業家のカイル・フォークト氏が自動運転車を実現するために2013年に設立した企業で、2022年6月からサンフランシスコで完全自動運転車による無料のタクシーサービスを提供しています。

運転不要の完全自動運転車を「Cruise」がサンフランシスコで正式運用開始 - GIGAZINE


しかし、Cruiseの自動運転車は走行中に突然失速して大渋滞を引き起こしたり、緊急車両と衝突したりといった事故を起こしており、問題視されています。以下は割り込むように車線に入ってきて突然交差点を左折したあげく、急ブレーキをかけて交差点内で停車するロボタクシーの映像。


 

続きは以下のリンク先

相次ぐ交通事故やトラブルを受けて交通当局が完全自動運転によるロボタクシーの運行台数を半分に削減するように要求 - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20230821-cruise-robotaxi-fleet-reduced/
2023年08月21日 14時00分

先日、このブログで「ロボットタクシーをラブホ代わりに使用している」という記事を掲載しました。

ロボットタクシーをラブホ代わりに使わないように 自動運転各社「車内は清潔に」と注意

ロボットタクシー(自動運転タクシー~なあんですが、そのなかで いたしている ということで会社側は、 清潔に使用してください と注意しているとのことです。 GIGAZINEから記事を拾ってみました。 カ ...

続きを見る

それ以上に事故やトラブルが多いということで規制が入るようです。

人を信じるか? 機械とAIを信じるか?
安全よりコストを優先するのか?
現在のところ コストでは無いと思いますが・・・

少しづつ米国テック産業の問題点が表に出てきたような気もします。

created by Rinker
¥1,100 (2024/04/16 15:27:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

常時約60万点以上を展開、毎日6000点以上の新商品

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠と写真と女性を愛する60歳ちょっと前の現役ITエンジニア シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きです。

-日本のニュースに出てこないニュース
-, ,

Copyright© インドからミルクティー , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.