※本ページはプロモーションが含まれています

はぼぞうの言いたい放題

ローマ帝国の遺物 十二面体の正体とは?

世界には、まだまだ解明されていないものがある。
今回ニュースになったこの十二面体も何に使うのか不明でした。

紀元前8世紀頃から数百年にわたり栄華を極めていたローマ帝国の遺跡から、これまで100個ほどの「謎の十二面体」が発見されています。この十二面体が一体何のために使われていたのかという謎について、ニュースメディアのBigThinkが紹介しています。

Mysterious dodecahedrons of the Roman Empire - Big Think
https://bigthink.com/strange-maps/roman-dodecahedrons/

1739年にイギリスのハートフォードシャー州アストンで最初の十二面体が発見されて以来、21世紀に至るまで少なくとも116個がイングランド北部やハンガリーにかけての広い範囲で出土しています。大きさは4cm~11cmとまばらで、ほとんどの十二面体は中心に向かって穴が開けられており、各頂点には丸い突起が付いています。

多くは青銅製のものですが、中には石でできたものもあり、穴や突起のないものも。宝石庫から発見された事例もあることから、所有者がこの十二面体を貴重なものだと考えていたことが分かっているそうです。

by Kleon3

この十二面体がおもちゃなのか、道具なのかといった疑問は、記事作成時点に至るまではっきりとは明らかになっていません。しかし、推測の域を出ないものの、いくつかの用途が考えられるとのこと。

続きはこちらから

ローマ帝国の謎の十二面体の正体とは? - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20230617-mysterious-dodecahedrons/

記事の続きを読んでいただければ 謎が解けたかどうか? わかります。

世界には、まだまだ わからないものが多いわけですが、その時代の人にとっては、

「何の不思議もないもの」

今、私たちが使っているイヤホンなんかも数百年後に発掘されたら

「これはなんだ・・・」

となるかも知れません。

 

常時約60万点以上を展開、毎日6000点以上の新商品

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠と写真と女性を愛する60歳ちょっと前の現役ITエンジニア シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きです。

-はぼぞうの言いたい放題
-,

Copyright© インドからミルクティー , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.