※本ページはプロモーションが含まれています

日本のニュースに出てこないニュース

タイタニック号の観光用潜水艇 タイタン 船の爆縮と一致「壊滅的な損失」 米国沿岸警備隊が発表

残念な結果となってしまいました。

亡くなった皆様の ご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

最新情報 アルジャジーラ:Aljazeera より

5人が乗ったタイタン潜水艦は大西洋で数日間行方不明となっており、船の爆縮と一致する「壊滅的な損失」を被ったと米国沿岸警備隊が発表した。

ジョン・モーガー米海軍少将は木曜日、遠征の目的地だった築100年の難破船タイタニック号の船首部から遠隔操作水中探査機(ROV)が残骸を発見したと発表した。

「破片は船の壊滅的な爆縮と一致する」とモーガー氏は記者団に語った。

この潜水艦は日曜日からカナダ東海岸沖で行方不明となっており、北大西洋を数千キロメートルに渡って大規模な捜索が行われ、米国とカナダの政府機関やその他の国際援助も動員された。

船を所有するオーシャンゲート社は木曜日、乗組員5人(観光客4人と潜水船を操縦していた同社CEO)が死亡したとみられると発表した。

同社は声明で「当社の最高経営責任者(CEO)であるストックトン・ラッシュ氏、シャザダ・ダーウッド氏とその息子のスレマン・ダーウッド氏、ハミッシュ・ハーディング氏、ポール・アンリ・ナルジオレット氏が残念なことに亡くなったと考えている」と発表した。

 

同社は声明で「当社の最高経営責任者(CEO)であるストックトン・ラッシュ氏、シャザダ・ダーウッド氏とその息子のスレマン・ダーウッド氏、ハミッシュ・ハーディング氏、ポール・アンリ・ナルジオレット氏が残念なことに亡くなったと考えている」と発表した。

ダーウッドはパキスタン系英国人の実業家である。彼の息子は19歳です。ハーディングはイギリスの億万長者で、ガージョレットは77歳のフランスの探検家です。

これらの人々は、独特の冒険精神と、世界の海を探検し保護することに対する深い情熱を共有した真の探検家でした。この悲劇的な時期に、私たちの心はこの5人の魂とその家族全員とともにあります」とオーシャンゲートは木曜日に述べた。

モーガー氏は木曜日の記者会見で、ROVが最初にタイタニック号の船首から約500メートル(1,600フィート)の地点で潜水艦のテールコーンを発見し、その後、船内の「壊滅的な圧力損失」と一致する5つの主要な破片を発見したと述べた。

「この決定を受けて、私たちはすぐに家族に通知しました」とモーガー氏は語った。

「ご遺族の皆様に心よりお悔やみを申し上げます。これが彼らにとってどのようなものであったのか、私には想像することしかできません。そしてこの発見がこの困難な時期に少しでも慰めとなることを願っています。」

モーガー氏は、今週初めに検出された海底騒音は、乗組員が行方不明の乗客の捜索に奔走する中で一縷の希望をもたらしたもので、船とは無関係だと述べた。

同氏は、タイタンの爆縮により「かなりの広帯域音」が発生し、捜索隊が使用したソナーブイがそれを拾っただろうと述べた。

その後、ウォール・ストリート・ジャーナルとAP通信は、匿名の米海軍関係者の発言として、タイタンが日曜日に消息を絶った直後に同海軍の水中音響監視装置が実際に「異常」を検知したと述べた。彼らは、それが爆縮に関連している可能性があることを示した。

数日間にわたる潜水艦の捜索は世界の注目を集め、最近地中海で溺死した難民に対する支持者らの言う世界的な無関心と比較して、乗組員5人を救出するためになされた努力との対照を浮き彫りにした。

中略

米国沿岸警備隊のモーガー氏は、このような事件がどのようにして起こるのか疑問が渦巻いていることを認めた。

「これは、世界中のさまざまな国の人々が集まった海の辺鄙な場所で起こったことです」と彼は言いました。「したがって、この事件は解決するのが難しい複雑な事件ですが、これらの疑問はいつか解決され始めると私は確信しています。」

英国のジェームズ・クレバリー外相は、潜水艦の乗組員の死を「悲劇的」と表現し、乗組員のうち3名が英国出身だったことを指摘した。

クレバリー氏はツイッターに「英国政府は被害を受けた家族を緊密に支援しており、深い哀悼の意を表する」と投稿した。

そのうちの2人、シャザダ・ダウッドさんと息子のスレマンさんの家族は木曜日に声明を発表し、捜索者の努力に感謝した。

同省は「救助活動に携わったすべての方々に心から感謝する」と述べた。「彼らのたゆまぬ努力は、この時期私たちにとって力の源でした。」

全文は、英語ですが、こちらから 確認できます。

Aljazeeraより

日本で報道される情報より詳細で関係者のコメント等も掲載されておりますので ぜひ海外メディアを確認してみてください。

 

タイタニック観光ツアー

1912年に沈没した豪華客船「タイタニック号」の沈没地点を目指していたものの、2023年6月19日に消息を絶った観光用潜水艇「タイタン」は開発段階から安全性が懸念され、当時の従業員が親会社であるOceanGate Expeditionsに対して何度も危険性を訴えるも無視され続けていたことが元従業員の告発で明らかになっています。

Missing Titanic Sub Once Faced Massive Lawsuit Over Depths It Could Safely Travel To | The New Republic
https://newrepublic.com/post/173802/missing-titanic-sub-faced-lawsuit-depths-safely-travel-oceangate

Submarine missing near Titanic used a $30 Logitech gamepad for steering | Ars Technica
https://arstechnica.com/gaming/2023/06/submarine-missing-near-titanic-used-a-30-logitech-gamepad-for-steering/

Why Did the Missing Titanic Sub Use a $40 Video Game Controller?
https://www.vice.com/en/article/bvjjqq/why-did-the-missing-titanic-sub-use-a-dollar40-video-game-controller

タイタニック号の沈没地点を観光するツアーに向かっていたタイタンには、潜水艇を操縦する司令官1名と民間人4名が乗船していました。2023年6月19日に潜水艇は運搬船「ポーラー・プリンス」から切り離され、北大西洋沖ケープコッドの東約900マイル(約1450km)、深さ約1万3000フィート(約4000m)の地点での通信を最後に、潜水開始から約1時間45分後に連絡が途絶えたことが運搬船の乗組員から報告されています。

続きはこちらから

タイタニック号の付近で行方不明になった観光用潜水艇は開発初期の段階から安全性が疑問視されていた - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20230621-submarine-missing-titanic-titan-safety/

2023年6月22日 午前1時36分 時点でもまだ見つかっていない。

このニュースが報道されるまで、タイタニックを潜水艦で見に行くなんてツアーがあるなんて知らなかったし、需要があるとも思わなかった。

スポンサーリンク

海外メディア 報道

タイタニック号の難破船は、地表から約 4 km (2.5 マイル) の深さにあります。潜水艦は潜水の途中で連絡を失いました。

「あそこは真っ暗だよ。凍えるほど寒いです。海底は泥で起伏があります。顔の前にある手は見えません」とタイタニック号の沈没と残骸の専門家ティム・マルティン氏は言う。

タイタンの以前の乗客であるマイク・リース氏は、「彼らは海の底で立ち往生しているかもしれない。

インタラクティブ-タイタニック号の残骸-2023 年 6 月 21 日

Aljazeeraより

亡くなった皆様の ご冥福をお祈り申し上げます。

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠と写真と女性を愛する60歳ちょっと前の現役ITエンジニア シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きです。

-日本のニュースに出てこないニュース
-,

Copyright© インドからミルクティー 大人の娯楽ブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.