※本ページはプロモーションが含まれています

日本のニュースに出てこないニュース

ペルーでは複数の人型のミイラについて専門家が「ホンモノではない」と判断を下した。 メキシコ議会のUFO公聴会に登場したものの真偽は不明?

先日報道された「あの番組」信じるか信じないかあなたしだい・・・
も怪しくなってきました。

2023年9月に「人類のものではない」生物のミイラがメキシコ議会のUFO公聴会に登場したことがありました。当該ミイラはペルーで回収されたものだそうですが、そのペルーでは複数の人型のミイラについて専門家が「ホンモノではない」と判断を下したことが報じられています。

Especialistas del Ministerio Público confirmaron que momias incautadas en el aeropuerto Jorge Chávez no son reales - Noticias - Ministerio de Cultura - Plataforma del Estado Peruano
https://www.gob.pe/institucion/cultura/noticias/893041-especialistas-del-ministerio-publico-confirmaron-que-momias-incautadas-en-el-aeropuerto-jorge-chavez-no-son-reales

「人類のものではない」というミイラは、2017年にペルーで見つかったものでした。

「人類ではない」生物のミイラ化した遺体がメキシコ議会のUFO公聴会に登場 - GIGAZINE

 

今回、ホンモノではないと判断されたミイラは、前述のミイラとは別の、2023年10月にペルーのナスカからメキシコへ送られる予定だったもの。ホルヘ・チャベス国際空港で押収され、法医学研究所であるフラビオ・エストラーダ・モレノ博士によって調査が行われました。

X線検査を行ったモレノ博士によれば、ミイラの頭蓋骨はナスカなどを中心にペルー国内でよくみられるアルパカやヤクといったラクダ科哺乳類のもので、体は鳥の骨の残骸だったとのこと。そして人型のミイラにするために、金属板を入れて合成接着剤で組み立てたものだったそうです。

続きはこちらから👇

人型ミイラがX線検査によって動物の骨や金属板で作られたニセモノであったことが判明 - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20240114-peru-non-human-mummy/
2024年01月14日 

本物かどうかは、今後も論争が続きそうですが、議会の公聴会にまで登場したモノが偽物としたら、政局に影響があるのだろうか?
日本だったら マスコミが大騒ぎだろうけど 日本ではやらないか

もっとも 震災とか政治資金の問題とか、予算もあるので それどころではないけれど

世界中のニュースが報じ居たけど 真偽のほどは???

注意したいのはこの一文

今回、ホンモノではないと判断されたミイラは、前述のミイラとは別の、2023年10月にペルーのナスカからメキシコへ送られる予定だったもの

さて メキシコの議会で公開されたものは、本物だったのかどうか?

信じるか信じないかあなた次第?

created by Rinker
¥850 (2024/07/13 19:25:46時点 Amazon調べ-詳細)

常時約60万点以上を展開、毎日6000点以上の新商品

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠と写真と女性を愛する60歳ちょっと前の現役ITエンジニア シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きです。

-日本のニュースに出てこないニュース
-, ,

Copyright© インドからミルクティー , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.