※本ページはプロモーションが含まれています

寝る前に読まないでください。

髪の毛が増える部屋 昭和アパート物語 前編

 

今から、40年ほど前のお話です。

大学生だった自分は、東京池袋に住んでおりました。

今週も怖いというか不思議な話を共有します。

最後まで読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

八畳一間のアパート

1980年(昭和55年) 自分は、都内の大学に通っていました。
上京し数ヶ月、親戚の家に居候からの脱出です。

場所は、東京 池袋 雑貨屋の倉庫の2階にその部屋がありました。
トイレ付き、風呂なし、8畳一間 この時代のアパートなんて風呂などないのが当たり前の状態
幸い、歩いて数分の所に銭湯があるので不便なことはありませんでした。

大家さんは、近所の雑貨屋さん その雑貨屋さんの倉庫の2階に4部屋という作りで学生は自分だけでした。
家賃はひと月 65,000円 池袋の駅まで10分の距離ですから まぁ高いと言えば高かったかも知れません。

布団と文机、小さなテレビだけという荷物、後でバイトで購入した冷蔵庫がありました。

変な感じはなかったのですが、建物が古いのに壁が真っ白だったので違和感がありました。

増える髪の毛

荷物も少なく がらんとした八畳部屋

その北寄りの壁際に髪の毛が落ちているのを見つけた。

「不動産屋と来たときは、気がつかなかったけどなぁ」

気持ちがわるいと思いつつ 髪の毛を新聞紙で拾い集め捨てることにした。

八畳部屋の新しい生活がはじまった。

大学の授業、深夜のバイト(新宿のバー)、大学の授業と繰り返す毎日
部屋には、ほぼ寝に帰るだけ 休日は、本を読んだり、東京探検とお上りさんしたりして過ごしました。

あるとき、北側の隅に髪の毛が落ちているのを見つけました。

長い黒髪 おそらく女性の髪の毛が、十何本

「あれ? 掃除したんだけどな」
と思いつつ新聞紙で来るんで捨てる。

翌日? 同じ所に同じように髪の毛が落ちている?

「あれ? 掃除したんだけどな」
と思いつつ新聞紙で来るんで捨てる。

と何日か過ごしああと? 流石におかしいと気がつく

友人Yの検証

「この髪の毛 どこからやってくるんだ」

ここで法則があることに気がつく

  1. 髪の毛を捨てなければ 何も変化なし
  2. 髪の毛を捨てると 翌日に髪の毛が落ちている。
  3. 髪の毛は、一定量

不思議なことをいくつか体験してきましたが、女性の髪の毛というのが気味悪い
そこで、家がお寺で僧侶でもある友人に相談していみた。

「おう わかった 面白そうだから 部屋で確認しよう」
友人のYは、数珠とお線香を持ってアパートにやってきた。

落ちている髪の毛を新聞紙でくるんですてる。

これで明日の朝まで見張っていれば 髪の毛がどこからくるのかがわかるはずだ。

Yと自分は、徹夜で北側の壁際を見張る。

照明が消える

週末の夜 友人Y氏と自分は、鮭を持ち込み 馬鹿話をしながら部屋の片隅を見張る。

深夜3時を回っていた。
「何も起きないなぁ」
とY氏がつぶやくとその瞬間 照明が消えた

「うわぁ」
と声を上げるY氏
数秒後 照明が付き 部屋が明るくなる。

「おい みろよ 髪の毛が落ちている」

北側の真っ白い壁の下に 長い髪の毛が落ちている。

「まじかよ・・・」
Y氏は冷静だった。

お線香を焚くための台に数本の線香をあげて お経を小声で読み上げる

さすが、Y氏 坊主の息子・・・

一通りお経を唱えると

「これで大丈夫と思うけど 俺には、理由がわからない 霊能力者じゃないからな」

明け方、Y氏は帰って行った。

自分は、髪の毛をそのままにして ぼーっとみつけていた。

照明が消える

徹夜が答えたのか? ゆっくり眠り 夜のバイトに出かけていった。

と ここで問題が解決すると思ったのだが・・・

この後 問題がさらに大きくなることに・・・

以下 後編に続く

心霊
髪の毛が増える部屋 昭和アパート物語 後編

  これまでのお話 今から、40年ほど前 池袋のアパートに住み始めた私は、部屋の片隅に髪の毛が落ちているのを発見した。 掃除しても翌日には、同じように髪の毛が落ちている。 僧侶の息子である友 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠と写真と女性を愛する60歳ちょっと前の現役ITエンジニア シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きです。

-寝る前に読まないでください。
-, , ,

Copyright© インドからミルクティー 大人の娯楽ブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.