※本ページはプロモーションが含まれています

はぼぞうの言いたい放題

Appleの検閲 スピーチ原稿を勝手に差し替えられ「よくもそんなことをするものだ」ロバート・デ・ニーロ激怒 

なんでもかんでも 事なかれ主義にするのもいかがなものか?
今日この頃

例えば、白雪姫の主人公が白雪でなかったり、ドラマのメンバーを構成するときに微妙な人種配置を行ったり
※読者のみなさま これは、差別の意味で言っているのではないですよ 間違えないように
マスコミや映画評論家が職業上言いたくても言えないことを言っているだけですから・・・

こんな事件が起こりました。

俳優のロバート・デ・ニーロによる映画賞授賞式のスピーチ原稿が発表直前に差し替えられ、ドナルド・トランプ元大統領を批判する部分がごっそり削られるという事態が発生しました。デ・ニーロは原稿が変更されていることにスピーチを行うために登壇した壇上で気づいたそうで、差し替えを行ったAppleを非難しています。

Apple Removed Trump Comments From Robert De Niro Gotham Speech
https://variety.com/2023/film/news/robert-de-niro-apple-censors-trump-criticism-gotham-speech-1235810832/

Robert De Niro accuses Apple of censoring Gotham Awards speech - The Verge
https://www.theverge.com/2023/11/29/23980781/robert-de-niro-apple-censoring-gotham-awards-speech-donald-trump

Robert De Niro claims his speech was censored by the Gotham Awards and Apple: ‘How dare they do that’ | CNN
https://us.cnn.com/2023/11/28/entertainment/robert-de-niro-gotham-awards-speech/

'Past Lives,' wins at Gotham Awards, while De Niro says speech was edited - ABC News
https://abcnews.go.com/Entertainment/wireStory/past-lives-lily-gladstone-win-gotham-awards-robert-105198659

マーティン・スコセッシ監督の映画「キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン」が、がゴッサム・インディペンデント映画賞のゴッサム・ヒストリカル・アイコン・アンド・クリエイター・トリビュート賞を受賞しました。作品を代表し、レオナルド・ディカプリオ演じる主人公の叔父で地元の有力者であるウィリアム・ヘイルを演じたロバート・デ・ニーロが授賞式に出席し、受賞スピーチを行いました。檀上でスピーチ用の原稿を読み上げようとしたところ、デ・ニーロは当初読む予定だった原稿から「トランプ元大統領を批判するパート」が削除されていることに気づいたそうです。

「キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン」はApple TV+オリジナル作品であったため、Appleによりデ・ニーロの読み上げる原稿の一部が差し替えられることになったとエンターテインメント系メディア・Varietyは報じています。Varietyによると、Appleは「スピーチの中心に作品を据えたい」という映画制作スタッフからのフィードバックを受け、原稿を差し替えたそうです。

デニーロはスピーチの原稿が変更されていることを知らされていなかったと語っており、「Appleの行いに対して全く感謝する気はない」「実際のところ、彼ら(Apple)はよくもそんなことをするものだ」と述べ、Appleを批判しています。ただし、デ・ニーロは原稿が差し替えられていることに気づき、スマートフォンで本来読む予定だった原稿を表示し、スピーチを行っています。

スピーチの中でデ・ニーロは「ウソはペテン師の武器のひとつに過ぎなくなりました」「元大統領は4年間の任期期間で3万回以上我々にウソをつきました。そして、彼は現在の報復活動でもこのペースを維持しています。しかし、いくらウソをついても自身の魂を隠すことはできません。彼は弱者を攻撃し、自然の恵みを破壊し、例えばポカホンタスを中傷として使うなど無礼な態度を続けています」と、トランプ元大統領を批判しました。

続きはこちらから👇

ロバート・デ・ニーロがスピーチ原稿を勝手に差し替えられ「よくもそんなことをするものだ」と激怒、Appleの検閲に対抗してオリジナルの原稿を読み上げ - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20231130-apple-removed-robert-de-niro-gotham-speech/
2023年11月30日 21時00分動画

スポンサーリンク

まぁ Appleらしいというか なんというか

原稿を変えるのは、良しとして 本人に黙って変えるのはいかがなものか?

なお、ゴッサム・インディペンデント映画賞の授賞式でデ・ニーロが行ったスピーチの様子は以下の動画で確認できます。
“KILLERS OF THE FLOWER MOON” Receives The Gotham Historical Icon & Creator Tribute - YouTube

テレプロンプターのオペレーターは、Apple社員2人から18時54分に差し替え用の原稿が送られてきたと証言しています。この差し替え原稿ではトランプ元大統領への明示的な言及が削除されており、Varietyもこの差し替え原稿を確認したそうです。

「キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン」に近しい関係者はAppleによる原稿の検閲があったことを否定しており、今回の出来事について「誤解だった」と主張しています。

デ・ニーロがスピーチで読み上げる予定だった原稿は、授賞式の開始10分前というタイミングで差し替えられたそうです。

肝心の映画はこれ

Appleも もう少し、泥まみれになる覚悟でやったほうが 面白いんだけど
無理そうですね

登録料は無料で 500円~で お願いできる

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠と写真と女性を愛する60歳ちょっと前の現役ITエンジニア シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きです。

-はぼぞうの言いたい放題
-, ,

Copyright© インドからミルクティー 大人の娯楽ブログ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.