※本ページはプロモーションが含まれています

日本のニュースに出てこないニュース

高さ60メートルの電波塔が盗まれた? 地元ラジオ局が放送停止

電線とか金属パイプが窃盗されるという話は聞きますが、今回は、

高さ60メートルの電波塔が盗まれた

というトンデモ事件です。

スポンサーリンク

アメリカ・アラバマ州のウォーカー郡で2024年2月2日、高さ200フィート(約60メートル)の電波塔や送信機などが盗まれる事件が発生しました。この事件を受けて、地元のラジオ局「WJLX」のAM放送が一時的に停止を余儀なくされています。

Thieves somehow take 200-foot radio tower
https://www.actionnews5.com/2024/02/07/thieves-somehow-take-200-foot-radio-tower/

‘What do you mean, the tower is gone?’: thieves steal 200ft structure from Alabama radio station | Alabama | The Guardian
https://www.theguardian.com/us-news/2024/feb/08/alabama-200ft-radio-tower-stolen

Alabama station in disbelief after 200-foot radio tower stolen
https://www.nbcnews.com/news/us-news/alabama-station-disbelief-200-foot-radio-tower-stolen-rcna137877

アラバマ州の地元ラジオ局「WJLX」は2024年2月2日の朝、春に向けた大掃除のために造園作業員を電波塔のある現場に派遣。しかし、あるべきはずの電波塔がなくなっていたことから、造園作業員はただちにWJLXのゼネラルマネージャーであるブレット・エルモア氏に報告を行いました。

エルモア氏は造園作業員に対し「塔がなくなったってどういうこと?場所は合ってますか?」と尋ねましたが、造園作業員は「地面のあちこちにワイヤーが落ちており、電波塔がなくなっています」と返答したとのこと。

被害は電波塔だけではなく、塔のそばにあった建物が破壊され、WJLXのAM送信機を含む全ての機器が盗まれました。

エルモア氏はただちに地元警察に対し被害届を提出。エルモア氏は「このような被害に対し、警察も私たちと同様にあぜんとしていました」と振り返っています。

なお、電波塔の再建にかかる費用は推定10万ドル(約1500万円)から15万ドル(約2200万円)で、エルモア氏は「再建に必要な費用は、WJLXが持つ予算以上です」と報告しました。

続きはこちらから👇

高さ60メートルもの電波塔が盗まれる事件が発生、地元ラジオ局が放送停止を余儀なくされる - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20240209-200ft-radio-tower-stolen/
2024年02月09日

解体して運んだと思うけど 買いたいと言ってもプロの技術が必要だろう。

また、それだけの鉄塔が盗まれれば、市場に出されたときに足がつくだろう

日本でもそのうち 組織ぐるみで資材を盗む時間が起きるだろう

ラジオ局はどうるんだろう

登録料は無料で 500円~で お願いできる

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠と写真と女性を愛する60歳ちょっと前の現役ITエンジニア シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きです。

-日本のニュースに出てこないニュース
-, ,

Copyright© インドからミルクティー 大人の娯楽ブログ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.