※本ページはプロモーションが含まれています

日本のニュースに出てこないニュース

週刊 日本のニュースにあまり出てこないニュース 2022/4/18 ~ 2022/4/23

 

4月

Happiness is a side-dish of French fries!
幸せとはフライドポテトのソースのようなものさ!

Snoopy -- スヌーピー --

一週間を振り返ってどんなことがあったのだろう?

昨日、有楽町で旧友3人で飲み会をおこないました。
コロナ禍も慣れてきたのか どの飲み屋もいっぱいでした。
ワクチンも打っているし、感染して発病している人も知っていr人に出ているし、まぁ感染したらしたで仕方長いんじゃないの?
という感じでしょうか?

当ブログでは、海外のニュース中心にを選びます。

今週もよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

4/18(月)

モスクワ市、外国企業撤退で20万人失職も=市長

[18日 ロイター] - ロシアの首都モスクワのソビャニン市長は18日、外国企業の操業停止や撤退により、同市で約20万人が職を失う恐れがあるとの認識を示した。

モスクワ市は、職業訓練のほか、社会的に重要な臨時の職を提供することで失業者を支援すると述べた。ブログで明らかにした。

かつて外資企業とお付き合いしていたことがありましたが、外資系は、やめるときは「めちゃくちゃ早い」
今回は、戦争の影響ですが、仕事を失うのは、今後のロシア刑事にとってどうなるのだろうか?

ロシアを決して信じるな(新潮新書)

4/19(火)

上海ロックダウン3週間、正常化遠く…「教訓はどこにいったのか」

 【上海=南部さやか、瀋陽=川瀬大介】新型コロナウイルス感染が広がる中国・上海市で、ロックダウン(都市封鎖)が始まって18日で3週間となった。厳しい外出制限や隔離を伴うゼロコロナ政策にもかかわらず、連日2万人以上の新規感染者が確認され、住民生活の正常化は見通せない。

市衛生当局は18日、新型コロナに感染した高齢者3人が17日に死亡したと発表。上海で感染による死亡が報告されたのは3月28日の封鎖開始後初めてで、中国本土では約1か月ぶりとなる。17日に確認された新規の市中感染者(無症状を含む)は2万2248人で、本土全体の9割以上を占めた。

ゼロコロナ政策が手詰まりともいえる状況が続くなか、当局の過度な感染対応への批判も強まっている。

上海在住の著名経済学者・郎咸平氏は11日、SNSで、98歳の母親の死を明かした。体調不良だった母親は病院で、受診に必要だとしてPCR検査の結果を4時間以上待たされ、その間に亡くなったという。

3月末には、77歳の男性が感染を警戒する病院に人工透析を断られて死亡した。その息子は本紙の取材に、「(中国で最初に感染爆発が起きた)湖北省武漢市で相次いだ同様の悲劇の教訓はどこにいったのか」と怒りで声をふるわせた。

病院で受診を拒まれたり、過酷な封鎖生活への負担から自殺したりした人は100人を超すとの情報もある。

住民の不満も限界に近づきつつあり、中国のSNSでは、食料不足や外出制限に抗議する住民の動画が拡散している。当局の削除が追いついていない模様だ。

それでも習近平(シージンピン)政権は、ゼロコロナ政策は「最良の選択」(国営新華社通信)だとして堅持を強調。習国家主席も13日、「堅持こそ勝利だ。厭戦(えんせん)気分や気の緩みを克服せよ」と指示した。

ゼロコロナ と訴えていた日本の政党もありましたが、根絶できるわけはないということだろう。
中国のワクチンも効いているのか効いていないのかよくわかりませんが、ロックダウンしても感染者が減らないということで暴動にまで発展しそうである。

ゼロコロナという病 (産経セレクト S 24)

4/20(水)

国連 安保理拒否権抑止に決議案 来週にも採決へ

 ニューヨークの国連本部で、ロシアなど安全保障理事会の常任理事国が持つ拒否権行使の抑止に向けた協議が開かれました。来週にも、決議案が採決にかけられる見通しです。

安保理の常任理事国が拒否権を行使した場合、その理由を国連総会で説明することを義務付ける決議案が19日、非公開で協議されました。

ウクライナ危機を巡っては、常任理事国のロシアが軍の撤退を求める非難決議案に拒否権を発動し、戦争の当事者が特権を乱用しているとの批判を受けていました。

アメリカの国連大使は、CNNのインタビューで「我々は常にウクライナを支援し、ロシアを孤立させる」と強調し、国連改革への意欲を示しました。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2022

国連などなん御役にも立たないということが、平和ボケの日本も知ってしまったと思います。

国際連合(こくさいれんごう、UN英語United Nationsフランス語Organisation des Nations uniesロシア語Организация Объединённых Наций中国語联合国/聯合國スペイン語Organización de las Naciones Unidasアラビア語الأمم المتحدة‎)は、国際連合憲章の下で1945年10月に設立された国際機関

第二次世界大戦の勃発を防げなかった国際連盟の様々な反省を踏まえ、1945年10月24日に51ヵ国の加盟国で設立された[2]。主たる活動目的は、国際平和と安全の維持(安全保障)、経済社会文化などに関する国際協力の実現である[2][3]2021年6月の加盟国は193か国であり[2]、現在国際社会に存在する国際組織の中では最も広範・一般的な権限と、普遍性を有する組織である[4]

なお英語表記の「United Nations(ユナイテッド・ネイションズ)」は第二次世界大戦中の連合国(英:the Allies[5]Allied powers[6][7][8])の別名と同じだが、日本では「国際連合」の訳が一般に使用されている(詳細は名称を参照)。中国語では第一次世界大戦中央同盟国と第二次世界大戦の連合国を「同盟國」、国際連合を「联合国/聯合國」と分けて呼んでいる[9]。フランス語でも第二次世界大戦の連合国は「Alliés de la Seconde Guerre mondiale[10]」、国際連合は「Nations unies/Organisation des Nations unies[11]」と分けられている。

ウィキペディア

ようは、連合国側の組織であって、戦勝国の組織である。

国連の目的は、次の三つである(国連憲章1条)。

  • 国際平和・安全の維持
  • 諸国間の友好関係の発展
  • 経済的・社会的・文化的・人道的な国際問題の解決のため、および人権・基本的自由の助長のための国際協力

1番目の国際平和・安全の維持など解決も何もできない状況である。

国連の正体

4/21(木)

米、マスク義務違法で上訴 CDC「引き続き必要」

 【ワシントン共同】米司法省は20日、疾病対策センター(CDC)の新型コロナウイルス対策を巡り、南部フロリダ州の連邦地裁が公共交通機関でのマスク着用義務を違法と判断したことを不服として上訴した。同省報道担当者がツイッターで明らかにした。CDCは同日「マスク着用義務は引き続き必要だ」と結論付けた。

CDCはマスク着用義務を課していることについて「法的権限の範囲内で合法だ。着用は本人だけでなく、免疫不全の人やワクチン接種対象外の人など周囲も守ることになる」との声明を発表した。

着用義務がなければマスクをしない
日本のようにマスクが当たり前となっているような状況だと奇異に映るかもしれませんが、宗教的な意味もありそうです。

Wild Scene 洗える マスク スポーツマスク 6枚セット 男女兼用 調整タイプ 1WEEKコーディネート 「釣具メーカーが作った 息苦しくないマスク」

Wild Scene 洗える マスク スポーツマスク 6枚セット 男女兼用 調整タイプ 1WEEKコーディネート 「釣具メーカーが作った 息苦しくないマスク」

4/22(金)

フランス検察、ゴーン被告の国際逮捕状を発付

 【パリ】フランスの検察当局は、日産自動車の元会長カルロス・ゴーン被告と、オマーンの自動車販売代理店と関連があるとされる4人に対する国際逮捕状を発付した。この4人はゴーン被告が仏自動車大手ルノーから数百万ユーロを流用するのを支援したとされる。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

パリ郊外ナンテールの検事局がウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)に語ったところによると、国際逮捕状が発付されたのは、ゴーン被告、オマーンの自動車販売代理店スハイル・バハワン自動車(SBA)の現オーナーと元取締役らの計5人。検察はゴーン被告がSBAを通じて、ヨットの購入など個人的な使途のためにルノーから数百万ドルを流用したと主張している。

ゴーン被告は日本で金融商品取引法違反などの罪で起訴されたが、楽器ケースに隠れてレバノンに逃亡した。

ゴーン被告は逃亡後、自らの無罪を立証できるフランスの司法制度を信頼していると述べ、当初は同国の捜査を歓迎していた。ゴーン被告の代理人は逮捕状についてコメントを控えた。

国際逮捕状が発付されたものの、ゴーン被告の個人的状況は基本的に変わらない。同氏は日本を脱出後、日産自動車がかつて同氏のために購入したレバノン国内の住宅に国際逃亡者としてとどまり続けている。レバノンは自国市民の身柄引き渡しを行っておらず、ゴーン被告はレバノンやフランス、ブラジルの市民権を有している。

だが今回の逮捕状は、ゴーン被告の評価を落とす新たな法的打撃となる。ゴーン被告は、日本の司法制度は不公正で推定有罪の原則がはびこっており、自らはその犠牲者だと主張している。日本の当局者らは、ゴーン被告が国内にとどまっていれば公正な裁判を受けられただろうと話している。

ゴーン被告に近い関係者らは、同氏が将来的にフランスに渡り、そこで裁判を受ける可能性を排除していないが、同氏のパスポートはレバノン当局の下にあるため、事態は複雑だ。

関係者によると、フランス当局が逮捕状を出した1人は富豪のスハイル・バハワン氏で、SBAを傘下に置く複合企業のオーナーだ。バハワン氏はフランスに不動産を所有するなど、同国とのつながりが深い。娘のヒンド・バハワンさんはオマーン・フランス友好協会の会長を務め、2019年にフランスの最高勲章であるレジオン・ドヌール勲章を受章している。

関係者によると、バハワン氏の息子2人とSBAの元ゼネラルマネジャーにも逮捕状が出された。SBAは中東で年間数万台のルノー車・日産車を販売している。

By Nick Kostov

ところでゴーンさんの罪状をきちんと説明出来る人がどれだけいるのであろうか?

4/23(土)

国連総長、プーチン氏と26日面会 和平実現へモスクワ訪問

 【ニューヨーク時事】国連は22日、グテレス事務総長が26日にモスクワを訪問し、ロシアのプーチン大統領と面会すると明らかにした。

ウクライナ侵攻後、両者が会談するのは初めてで、和平実現や人道支援強化に向けた方策を話し合うとみられる。グテレス氏は、28日にはウクライナでゼレンスキー大統領とも会談する。

グテレス氏は19日、両国の国連代表部を通じて個別会談を要請していた。グテレス氏の両国訪問も侵攻後初となる。ロシアではラブロフ外相と昼食を共にした後、プーチン氏と面会。ウクライナでは、現地で活動する国連職員と人道支援増強についても話し合う。停戦交渉が停滞する中、両者を仲介し、進展への道筋をつけられるかが焦点だ。

まぁ 無駄だろうな
ロシアですから・・・ そう言われても仕方がない罠

おそロシアに行ってきた

まとめ

有楽町ではゴジラが吠えていました。

来週は、連休がはじまります。
日本以外は、通常運転なので このブログも平常運転でsす。

今週は、どんなニュースが出てくるかまた 報告するね

日曜のひととき、お付き合い頂きありがとうございました。

では、また来週

https://news.yahoo.co.jp/
ネタ元:Yahoo!NEWS

花粉症対策はお早めに

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠と写真と女性を愛する60歳ちょっと前の現役ITエンジニア シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きです。

-日本のニュースに出てこないニュース
-

Copyright© インドからミルクティー 大人の娯楽ブログ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.