※本ページはプロモーションが含まれています

日本のニュースに出てこないニュース

週刊 日本のニュースにあまり出てこないニュース 2023/4/17 ~ 2023/4/22 | 「オペラ座の怪人」、NYで終演

4月

GWまで あと少し
通勤電車も混んできて、旅行会社も失われた3年間を取り戻すべく 必死である。
そんななか 不安定な世界情勢、米国では景気下降とAIの進化でリストラ

一週間を振り返ってどんなことがあったのだろう?
当ブログでは、海外のニュース中心にを選びます。

今週もよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

4/17(月)

「オペラ座の怪人」、NYで終演 ブロードウェー最長、35年で幕

 【ニューヨーク共同】米ニューヨークでミュージカル「オペラ座の怪人」が16日、最終公演を迎え、劇場街ブロードウェー史上最長の35年余りの歴史に幕を閉じた。公演に足を運んだ観客は「ほろ苦い気持ちだ」と名作との別れを惜しみ、チケットを入手できなかった多くのファンも劇場前に姿を見せた。

 

作品はパリ・オペラ座の地下に隠れ住む仮面の男が若い女性ソプラノ歌手に寄せる愛を描き、1986年にロンドンで初演された。ブロードウェーでは88年に始まり、劇場街を代表する演目として人気を集めてきた。

米メディアによると、2006年に「キャッツ」を抜いて最長の公演記録を更新。1万4千回近くに上り、累計観客数は約2千万人、売り上げは約13億ドル(約1740億円)に達した。

観客のIT技術者アレックス・ガーマンさん(42)は父親が公演の裏方として働いており、幼い頃に舞台裏に行ったという。「懐かしくて少し涙が出た」と笑った。一緒に見たサラ・マクレーンさん(38)は「終演でニューヨークは変わってしまうだろう」と嘆いた。

まぁ 飽きられたら 終わるだろう
しかし、興業ですから 要望があれば 再演となるだろう

今年のクリスマスあたりに復活と予想

オペラ座の怪人 <ハイライト> ~ オリジナル・ロンドン・キャスト

4/18(火)

ニューヨークに中国の「秘密警察署」 運営の中国系男2人を逮捕

中国がアメリカに住む中国人を監視するため、ニューヨークでひそかに警察拠点を運営していた疑いで、中国系の男2人が逮捕されました。

ニューヨーク州東部地区・ピース連邦検事:「中国公安省はニューヨークの中心で警察署を運営するなど、アメリカの主権を繰り返しあからさまに侵害してきた」

アメリカの司法当局によりますと、17日に逮捕された2人は中国の公安省がニューヨークのチャイナタウンにあるオフィスで「秘密警察署」を運営することに協力し、証拠を隠滅した疑いが持たれています。

また、中国公安省の職員34人もアメリカで中国の民主化を訴える反体制派の中国人に対し、オンライン上で嫌がらせや脅迫を行ったなどとして訴追されました。

司法省によると、訴追された公安省の職員全員が中国にいるとみられ、海外の反体制派を監視する特別チームに所属しているとしています。

日本でもとっとと規制しろ

日本を取り巻く無法国家のあしらい方【電子限定特典付き】 (扶桑社BOOKS)

4/19(水)

インド人口が世界最多に、年央ごろ中国を290万人上回る=国連

[ニューデリー 19日 ロイター] - 国連は19日、インドの人口が中国を抜いて世界最多となり、今年半ばには中国の人口を290万人上回るとするデータを公表した。

国連人口基金(UNFPA)の「世界人口の現状報告:2023年」の人口統計データによると、インドの人口は推定で14億2860万人、中国は14億2570万人。

第3位は米国の3億4000万人。このデータは、23年2月時点で入手可能な情報に基づいているという。

国連が以前に発表したデータを用いた人口問題の専門家は、今月中にインドが中国を追い越すと予測していた。ただ、国連の最新報告ではその時期を明示していない。

国連の人口担当者は、インドと中国から出るデータが「不確実」であるため、時期を特定できないと説明している。インドでは直近の国勢調査が11年で、21年に予定されていた調査は新型コロナウイルス流行のため延期された。

中国とインドを合わせた人口は世界全体の80億4500万人(推計値)の3分の1以上を占める。ただ中国は昨年、人口が60年ぶりに減少に転じた。

また、インド政府の統計によると、11年以降の年間の人口増加率は平均1.2%で、その前の10年間の1.7%から低下した。

中国の人口が多いから 媚びを売る 企業とか考え直そう インドのほうが伸びしろあるよ

スポンサーリンク

4/20(木)

650件超の”UFO”を追跡中 米国防総省が明らかに 約半数は「異常で興味深く価値がある」

アメリカでUFO=未確認飛行物体の調査を専門に行う国防総省の担当者が、議会で650件以上の物体の調査を行っていることを明らかにしました。

米国防総省全領域異常解決局カークパトリック局長
「今週の時点で、合計650件以上の飛行物体を追跡しています。1月の報告書では基本的に、その時点での約半数に当たる150件ほどが風船のようなものだろうと言われているが、だからといって解決したわけではない」

未確認飛行物体の調査・追跡を専門に行う担当責任者は19日、追跡中の650件以上の物体のうちおよそ半数は、「異常で興味深く価値がある」として、優先度を高めて調査を進めていることを明らかにしました。
一方でこれまでに報告された物体の大半は、気球や無人航空機、自然現象などの特徴を示しているとして、「地球外生命体の活動を裏付ける証拠は見つかっていない」と強調しています。
アメリカでは議会を中心に、未確認飛行物体が中国やロシアによる活動である可能性を懸念する声が上がっていて、国防総省は去年7月、専門部局として「全領域異常解決局」を立ち上げ、調査に乗り出しています。
調査の担当責任者は「国防総省などだけで実態を解明できると考えるのは甘い」と述べ、産学官の連携などが必要だと訴えています。

ガチでやっている ということは ガチでUFOがいるのだろうか?

スポンサーリンク

4/21(金)

ラーブ英副首相が辞任、パワハラ問題で調査

[ロンドン 21日 ロイター] - 英国のラーブ副首相兼司法相が21日、辞任した。スタッフへのパワハラ問題が浮上し、独立調査が実施される事態となっていた。

問題ある言動などが原因の閣僚辞任はこの半年で3人目でスナク政権には打撃となる。

ラーブ氏に対しては複数の部署で「いじめ」行為があったとの申し立てがあり、昨年11月にラーブ氏が調査を要請していた。

調査報告書は20日までにスナク首相に提出されたが、内容はまだ公表されていない。ラーブ氏は、調査は同氏が罵倒または身体的ないじめをした事実はないと結論付けたとしている。

同氏はスナク首相に提出した辞表で、いじめと見なす基準を低くしすぎた結果「良い政府の行動について危険な前例をつくった」とし「政府、ひいては英国民のために変革を推進する人々を委縮させるという影響をもたらすことになる」と指摘した。

ラーブ氏の後任として、副首相にオリバー・ダウデン氏、法相にアレックス・チョーク氏が任命された。

「いじめ」行為ですか・・・

スポンサーリンク

4/22(土)

奈良の大仏上回る巨大仏像 ミャンマー国軍が建立へ 国民を懐柔か

 クーデターを起こしたミャンマー国軍が、首都ネピドーで巨大な大理石の仏像の建立を進めている。高さは約19メートルで奈良の大仏を上回るという。仏教徒が約9割を占めるミャンマーで、国軍への反発を和らげる狙いとみられる。

仏像は、民主化指導者アウンサンスーチー氏が拘束されている刑務所から車で約10分の距離に建立される。国軍に近い財団などが資金を捻出して仏像を建てる計画は以前からあったが、ミンアウンフライン最高司令官の指揮のもと、クーデター翌月の2021年3月から工事が始まった。

国軍は建立の目的を「国家の平和と安定を確保し、国内外から巡礼者を集めて国家の発展に寄与するため」と説明。大理石の仏像では「世界最大になる」としている。

費用が約974万ドル(約13億円)に及ぶ一方で、市民の生活は困窮している。世界銀行の22年7月発表の報告書は、人口の約4割が貧困ライン以下の暮らしを強いられているとした。

クーデターから2年が過ぎても、各地で国軍と民主派との武力衝突は続いている。国軍は地方や国境地帯で砲撃や空爆を加え、家を追われる市民は急増。今年4月上旬には東部カレン州で約8千人が国境を越えてタイへ逃げ込んだ。同11日には北西部ザガイン管区で空爆を加えた。スーチー氏を支持する民主派の発表によると、子供を含む約170人が死亡した。(ヤンゴン=福山亜希)

魂のこもっていない仏像だな

スポンサーリンク

まとめ

スーダン内線で外国人の脱出で混迷の状態である。

外国人を脱出させるために仲介人(おそらく 高額な金を取るはず)
情報も錯綜していて どうなるのでしょうか?

正規軍と準軍事組織「即応支援部隊(RSF)」の戦闘に巻き込まれて出国できずにいる在留外国人について、各国の要請に応じて国外退避を支援することに同意したと明らかにした。

となってはいるのですが・・・

では、また来週

https://news.yahoo.co.jp/
ネタ元:Yahoo!NEWS

登録料は無料で 500円~で お願いできる

  • この記事を書いた人

はぼぞう

旅と砂漠と写真と女性を愛する60歳ちょっと前の現役ITエンジニア シンガー 森口博子とアーティスト 中村中が大好きです。

-日本のニュースに出てこないニュース
-

Copyright© インドからミルクティー 大人の娯楽ブログ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.